フラッシュ脱毛器のデメリットとは

自宅で手軽に自分の好きなように脱毛することができるフラッシュ脱毛器ですが、必ずしもメリットだけが存在しているわけではありません。いくつかのデメリットも考えられますので、これらのデメリットがあることを把握した上でフラッシュ脱毛器の購入を検討してみましょう。

 

手の届かない部分は脱毛しづらい

フラッシュ脱毛器を利用して自分で脱毛をする場合、一番のデメリットと言えるのが「手の届かない部分は脱毛しづらい」ということです。具体的には背中や太ももの裏、お尻などが挙げられます。これらは視認しづらいですし、でも届きにくいので綺麗に脱毛できるのかというとなかなか難しい部分も。もちろん丁寧にじっくりと脱毛していけばきちんと処理することができますが、なかなか難しいという場合は友人や家族、恋人に手伝ってもらう、手が届かない部分だけはエステサロンで脱毛してもらうといった方法も検討してみましょう。

 

脱毛できない箇所がある

最近の家庭用フラッシュ脱毛器は顔やデリケートゾーンなどにも利用することができる安全設計のものがとても増えてきています。そのため自宅で手軽に全身脱毛を目指すことができるというのは嬉しいポイント一つ。しかしその一方で、フラッシュ脱毛器では脱毛することができない箇所があるというデメリットがあります。脱毛することができない場所というのは「目の周辺」「ホクロのムダ毛」「強い色素沈着のある部分」となっています。要するに肌が黒い部分にはフラッシュ脱毛器を使用してはならないとなっています。

 

熱エネルギーが集中して火傷を引き起こしてしまったり、肌に炎症が起こってしまったりする場合があります。ホクロなどはコンシーラーで隠してあげれば脱毛することのできますので覚えておきましょう。

家庭用脱毛器ランキング

最先端の技術でしっかり脱毛


大きな照射面積で簡単脱毛


1ショット0.15円でコスパがいい!


確かなモノ作りの技術を持つ安心の日本製

公式サイトへ


美容大国イスラエル発の脱毛器


肌色センサーで安全機能をUP


自宅で簡単しっかり脱毛計画


照射面積が広いからスピーディーな脱毛

公式サイトへ


クリニック用の技術を応用した脱毛器!


好きな時間に好きな場所でさっと施術できる


30日間の返金保証付き!


選べるカラーでお気に入りが見つかる

公式サイトへ